中国の文化と近代化 - 王元

中国の文化と近代化

Add: ukucuz82 - Date: 2020-11-24 19:18:51 - Views: 4818 - Clicks: 5978

念の成立は近代化における重要な一環と言われている。 「国民」は近代の造語ではなく、中国でも日本でも古来よりある言葉である。『周禮』・『左伝』 にすでに「国民」の用例が現れ、国や藩に所属する民を指していた。3)日本の『古事談』にも. インターネット上で使われる用語に「ウリジナル」「韓国起源説」というものがあります。どちらも、韓国人がさまざまなものを「韓国が発祥だ. 王元化(1920年11月30日-年5月9日),男,生于湖北武昌,祖籍江陵。王元化是一位在国内外享有盛誉的著名学者、思想家、文艺理论家,在中国古代文论研究、当代文艺理论研究、中国文学批评史、中国近现代思想学术史研究上开辟新路,做出了开创性的贡献,是中国1949年以来学术界的标志性领. 科挙の廃止と近代中国社会 高嶋 航 京都大学人文科学研究所助手 1 科挙――我々にとってはもはや新鮮な響きのない テーマである。エルマン氏の最新作はこの科挙の問題 をあらためて取り上げたもので,従来の科挙に対する 認識を大いに変えるものである。.

中国絵画の人気が高い理由は、独特の絵画の技法にあります。ぼかした墨で濃淡を作り出して表現される白黒の風景の味わい深さや、絵の中に絶妙なバランスで配置された繊細なモチーフなどは、まるで生きているかのようなリアリティを感じさせてくれるでしょう。 中国絵画は図画とも呼ばれており、線描という墨を主体とした構図に色をのせる技法が中心です。見た目通りの風景を模写するのではなく、作者の概念で表現されていて、時には影をつけないことも。これらは日本やヨーロッパの絵画とは一線を画した特徴的な技法であるため、価値が高まっています。 中国美術の絵画の買取相場は、30,000円~4,000,000円ほど。現在中国では、中国絵画を海外へ持ち出すことが制限されています。日本の収集家たちが中国美術をコレクションしようと思ったら、日本国内や中国以外の国で探さなくてはなりません。そのため、日本国内で買取依頼をすると高額査定になることが十分にあり得るのです。 中国骨董品を高値で売るための基礎知識はこちら>>. 中国語の科学技術用語のかなりの部分は元々日本語である。明治維新以降、欧州に派遣された日本人留学生が英語やドイツ語から苦心して翻訳した、 物理、化学、医学、社会学などの専門用語が現在の中国人科学者の間で使用されている。“中華人民共和国”でさえ、中国語は“中華”だけで、“人民”も“共 和国”も日本語である。 これには歴史的経緯がある。清朝は1894年から翌年にかけての日清戦争に敗れると、中国文化の後進性を悟り、近代化の道を進むことになる。最も手近なモ デルに選ばれたのが日本であった。近代日本に学ぶため、日清戦争後の20年間に総計10万人の留学生が日本に派遣されたと言われている。佐伯修によると、 多いときで1万人以上の留学生が日本の大学で学び、中国各地で数百人の日本人が教師や顧問として教育活動を行っていたという。清朝末の中国教育界は日本に 全面的に傾斜していたのだ。中国人留学生が母国に持ち帰った学術用語は日本人がヨーロッパ語から翻訳したものであった。この事実を知っている中国人学者は 日本留学経験者であり、ほとんどの中国人学者は知らない。恐らくプライドが高い中国教育界は学校で学生に教えていないのである。米国の歴史学者のダグラ ス・レイノルズは、1900年から10年間を「日中関係における忘れられた黄金の十年」と呼んでいる。. 王记录,林琳 《禹贡》半月刊对中国史学近代化的影响j. 唐の時代、中国の絵画は変遷期を迎えます。唐の半ばまでは彩色画、人物画・花鳥画が主流でしたが、それ以後になると、山や川、渓谷といった自然の風景を、幽玄な雰囲気で表現する「山水画・水墨画」が描かれるようになります。 この頃、人物をはじめ、山水、神仙、仏釈などを描いて「唐朝第一」とうたわれたのが、職業画家として玄宗に仕えた呉道玄です。呉道玄は若い頃から絵画の才能を発揮。力強く変化に富んだ画風で長安や洛陽の寺観壁画に腕をふるい、「画聖」と呼ばれます。また、山水画の画法に変革をもたらし、中国、日本の画家に多大な影響を与えました。 その後、山水画は中国の代表的な絵画となり、宋代には士大夫層出身の文人(儒教の学問と文学の教養を備えた、当時の知識階層)によって愛好、制作されるようになります。 これらは宮廷画家の院体画(唐の玄宗の時に創設された、絵の製作機関「翰林図画院」で発達した画風)に対し、「文人画」と呼ばれました。元代には貴族文化の衰退で一時下火になったものの、趙孟頫により復興。元末になると黄公望、王蒙、倪瓚、呉鎮の「元末四大家」が登場し、山水画の様式が確立されます。 明末になると、文人画の代表的作家・董其昌が現れ、唐代からの文人画の流れをくむ系譜を「南宗画」、職業画家の系譜の「院体画」を「北宗画」と名付ける「南北二宗論」を提唱します。董其昌は、その中で南宗画が優れていると説き、それから中国絵画においては「南宗画(文人画)」が主流であるとされるようになりました。 代表的な画家は王時敏、王鑑、王翬、王原祁の4人で、彼らは「四王」と称され、さらに呉歴と惲寿平を加えて「四王呉惲」ともいわれます。董其昌の影響力は大きく、この南宗画を優位は清時代も続きました。 しかし一方で、清時代には龔賢らの「金陵八家」、鄭燮ほか「揚州八怪」といわれる、個人の表現を重視した画風を追求する画家も少なくありませんでした。 中華民国成立後は、ヨーロッパ、日本などへの留学経験者、各地に作られた美術学校出身者(学校派)が画壇の主流を占めるようになっていきました。この頃の代表的な画家には呉昌碩がいます。. · そして著者によれば中国の官製歴史は常に「勝者は王、敗者は乱賊」であり、「王」となった権力者はその歴史を借りて「大一統」の専制支配を目指す。その桎梏(しっこく)から逃れることが中国の真の近代化であると著者は強調している。. 8 白帝社 『現代中国の軌跡』(編著). 日中の 密月時代を傍観していた米国は、中国国内に親米派を育てて中国での権益獲得競争への出遅れを挽回することになる。そのやり方は組織的で、徹底していた。病 院やミッションスクールの建設に始まり、義和団事件賠償金の一部を用いて清華大学の前身となる学校を設立し、優秀な学生を選抜後米国の大学で教育し、本国 に送り返すことになる。また、賠償金は米国への官費留学事業の基金にもなった、さらに、ロックフェラー財団、ハーバード、プリンストン、エールなどの大学 も米国政府の対中文化事業に参加し、官民ともに密接な連携プレーを行うことになる。その後、五四運動で中国人の日本に対する不満が爆発し、日本は敗戦に追 い込まれるのみでなく、終戦後も日本批判が続くことになる。 中国は文化大革命終焉後、国際社会への復帰を目指すが、鄧小平がモデルとして選んだ国は再び日本であった。そのため、1980年代は日中密月時代が継続さ れる。しかし、その後、親日派の胡耀邦総書記の失脚を契機にして、中国の日本離れが加速し、江沢民時代に至って日中関係は非常に悪化する。 こうやって歴史を振り返ると、日中関係は密月と悪化を繰り返しているように思える。さらに、日中密月は米国の国益を損なう恐れが高いとも言える。日中友 好親善では、米国の出番がなくなる可能性があるため、米国は潜在的にある程度の日中の悪化を期待しているのではあるまいか。.

中国で絵が描かれ始めたのは先史時代。世界各地にみられるように、人物や動物ほかを描いた土器や岩壁、洞窟などが発掘、発見されています。 殷周、春秋戦国時代になると、青銅器や銅鏡などに文様や装飾が施され、権力者の墓に壁画が描かれるようになりました。現在のような「絵画」の制作が行われるようになったのは秦~漢時代と考えられ、当時は「帛画」と呼ばれる平織りの絹に描かれたものでした。 魏晋南北朝時代の4世紀後半、書家の王羲之と並び、六朝(漢民族の六つの王朝、呉→晋(東晋)→宋→斉→梁→陳のこと)文化を代表する画家・顧愷之が登場します。 東晋に仕えていた顧愷之は肖像画、人物画に優れており、絵画作品だけでなく、「論画」「画雲台山記」といった画論も記しています。代表作はロンドン大英博物館の「女史箴図」、ワシントン・フレア美術館に収蔵されている「洛神賦図」ですが、いずれも模写で、真筆は残されていません。特に生き生きとした人物を描いた「女史箴図」は、当時の宮廷生活の風俗を伝える傑作と評価されています。 また、画家で評論家の謝赫(南斉)は中国史上初の画論書「古画品録」を著し、顧愷之の画論を発展させた「画の六法(気韻生動、骨法用筆、応物象形、随類賦彩、経営位置、伝移模写)」を提言しています。. なった。元の時代、西アジアと中国の境界線が崩れ、大量のムスリムが中国 に移住し、中国ムスリムの人口が大きく増加した。14 中国の文化と近代化 - 王元 世紀、明王朝が政権 を握った際には、有力な輔翼となった中国ムスリム将軍 6 も多く現れた。明代. 近代になると、西洋文明については、日本がまず先に高度な受容を行い、中国やほかのアジア諸国は日本から間接的に輸入した。 それは、中華人民共和国という国名のうち「人民」と「共和国」が和製漢語であることに象徴的に示されている。. 「中国の全体的な近代化推進におけるイノベーションの中核的地位を保持し、国家発展の戦略的柱として科学技術の自立と自己強化を採用する. 元のモンゴル人は、長らく中国を支配してもさほど中国文化に親しまず、時代的に先行する征服王朝である遼や金と比較すると民族固有の支配体制を維持していたため、元では律令のような体系立った法令を編纂せず、モンゴル時代や元初は法や裁定が紊乱. 寺岡 伸章(中国総合研究センター フェロー) 年1月23日 中国の長い歴史を概観し、その特徴及び現代における意義を考えてみたい。.

元の中国統治 1276年には南宋を滅ぼし、さらに1279年に厓山の戦いで残存勢力を一掃して、中国全土を統一支配した。元による漢民族支配はそれから約90年間続いた。. 新世纪初,中国美院多次约请王元化先生来杭讲学。 年,国美南山路新校园建成,南山路与景云村路口的两座民国老楼装修后,辟作出版社的展销窗口,并请王先生题赠“南山书屋”。. 中国を代表する画家には、顧愷之、呉道子のほかに、 北宋:荊浩、李成、范寛、郭煕、許道寧、蘇軾、李公麟、米芾 南宋:董源、巨然、李唐、馬遠、夏圭、梁楷、牧谿 黄公望(元)、王蒙(元)、 趙孟頫(元):文人画を復興させた文人画家。元末四大家への橋渡しをした。 元:呉鎮、倪瓚 董其昌(明):明末における文人画の大家。南宗画を優れたものとして中国絵画の主流であると提唱した。 明:沈周、文徴明、唐寅、仇英、徐渭 清:八大山人、石涛、王原祁、王翬、惲寿平、龔賢、法若真、弘仁、揚州八怪(汪士慎・李鱓・金農・黄慎・高翔・鄭燮・李方膺・羅聘。ほかに辺寿民・陳撰・華嵓・高鳳翰・閔貞らを加える説もあり)、李方膺、趙之謙、任頤、金陵八家(一般には龔賢、葉欣、胡慥、謝蓀、樊圻、高岑、鄒喆、呉宏。前4名の代りに陳卓、蔡霖滄、李又李、武丹を入れる説もあり。さらに王蓍、王概、柳堉、高遇らを加えて金陵派と呼ぶ)。 呉昌碩(中華民国):清朝末期から近代にかけて活躍した文人画家、書家、篆刻家。詩・書・画・篆刻などに精通し、「四絶」と称賛された。篆書・篆刻の大家であり、絵は花卉・山水画を得意とした。中国近代でもっとも優れた芸術家であるといわれている。 中華民国:斉白石 現代作家:黄賓紅、潘天寿、黄秋園 などが知られています。. 王 元(おう げん、Yuan Wang)は、日本在住の中国人政治学者である。 年現在、東北文化学園大学教授。 専門は中国の政治と社会である 。. ある社会が近代化を迎えるに必要な条件がある。その一つは言文一致である。人々が日常話す言葉を文章化できる言語の発明が必要だ。中国語の場合、従来の文 語を改革し、誰でも書ける言語を創造したのは魯迅である。彼は白話文と呼ばれる平易な文語を編み出した。魯迅は中国を改革し、封建社会から解放し、人々を 救うには言語革命が必要と考えた。魯迅は日本留学経験者であるが、彼の日本語は日本人と変わらないほど流暢であったという。恐らく、魯迅は日本語で考えら れるほど日本語を頭に叩き込んでいたのであろう。つまり、魯迅が考案した白話文は日本語を下敷きにしたものである。述語と目的語の順序を除けば、日本語と 中国語の文法はかなり似ている。日本人が英語と中国語を話す場合、中国語の方がストレスが少ないのは、文法上の違いが少ないためである。 中国人は認めたがらないが、現代中国語は日本語を基本に作成されたのである。では、現代日本語はどうか。日本語も機能的な言語に変化させるために、ヨー ロッパ言語を元に再構築されたと言ってよい。この順番は近代化の順であり、言語としての優劣性とは関係がない。中国の近代化に日本が貢献したからと言っ て、日本が優れた国家というわけではない。それは、漢字が中国で発明され、日本に伝播してきたことを以って、日本文化は中国文化の一部と言わないことと同 じである。日中両国は相互に教え合って、成長してきたのである。. 元の文化人としては、元の文化のなかで漢文化の伝統を維持した趙孟頫が知られています。 趙孟頫は書と絵画に優れ、南宋の院体画に対して文人画を復興させたことから、 元末四大家(黄公望、王蒙、倪瓚、呉鎮)が誕生します。.

See full list on chineseartnyu-monn. デジタル大辞泉 - 改革開放の用語解説 - 中国で、1978年から鄧小平を中心として実施された経済政策。文化大革命後の経済を立て直すため、経済特別区の設置、人民公社の解体、海外資本の積極的な導入などが行われ、市場経済への移行が推進された。. 中国を統治した王朝、政府を概観すると次のようにまとめられます。 夏 :最古の王朝だとされています。 殷 :殷墟(いんきょ)、青銅器、甲骨文字を残しました。 周 :前1100頃~前256 封建制度で中国北部を統治しました。 ・春秋時代 前770~前403 周が衰え、諸侯が争った時代です. 《近代新学:中国传统学术文化的嬗变与重构》借助文化社会学和社会史的研究方法,从宏观着眼、微观着手、将实证研究与理论思辨相结,从新学的民族定位、旧学走向新学的内在动因,戊戍新学的内容与特征、新学的制度化内容、新学的历史命运及其在近代化过程中的作用等方面论述,力求全面. 任志強は元中央規律検査委員会書記の王岐山の親友という極めて強い政治的バックがあり、これまでは習近平に批判的な態度をとっても党籍剥奪. 罗银胜 著名学者王元化先生近日与世长辞,中国又痛失一位文化大师。王元化先生晚年谈得较多的学术问题,涉及到“五四”运动的反思、世界各民族文化中的抒情性特点以及京剧与传统文化等等。. 1 白帝社 『東北アジア研究論叢i』(依田憙家と共編).

中国が軍事的に強気に出るのは、アメリカと戦争できないことを隠すため。食料輸入の手段が外国に依存しているので、開戦と同時に手段を失う国になった。だから中国は強気に出て中国を恐れるように仕向けている。 アメリカが台湾に武器輸出を行える理由は、中国が怒っても開戦できないことを知っている。だからアメリカは台湾に武器を売れるのだ。中国はアメリカに状況を見抜かれている。つまり中国の強気は無意味なのだ。 執筆者:上岡 龍次(Ryuji Ueoka) プロフィール:戦争学研究家、1971年3月19日生まれ。愛媛県出身。九州東海大学大学院卒(情報工学専攻修士)。軍事評論家である元陸将補の松村劭(つとむ)氏に師事。これ以後、日本では珍しい戦争学の研究家となる。 ※この記事は執筆者の見解を示します。必ずしも本サイトの立場を反映していません。ご了承ください。. 46 为民将军王竑 王竑(1413—1488),字公度,明代河州(今甘肃临夏)人。明正统四年(1439年),26岁的王竑考中进士,7年之后被授予户科给事中。. See full list on epochtimes. Amazonで王 柯の多民族国家 中国 (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。王 柯作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 食料生産が不足する中国はアメリカに依存する道を選んだ。年月と資金を農業に投入すれば対応できるのだが、中国は広大な土地が有りながら外国に食料を依存する。米中が友好関係の時は良かったが、米中関係が悪化すると食料輸入に影響を与えてしまう。 戦前の日本は農業を犠牲にした近代化を選んだ。これで欧米のブロック経済に対応できなかった。だが日本と同じことが中国で繰り返されている。中国はアメリカ依存から抜け出し、他の国からの食料輸入に切り替えて対応。これはアメリカ依存からの脱却だが、本質的には致命的な弱点を抱えている。 致命的な弱点とは海上交通路を用いた食料輸入。中国はブラジル・アルゼンチン・スペイン・カナダ・イギリスなどから食料輸入を行うから、中国の生命線を海側に置いている。 戦前の日本は海上交通路をアメリカ軍に機雷と潜水艦で遮断された。この状態で中国とアメリカが戦争になれば、アメリカ軍は中国の食料輸入を遮断する。そうなれば中国は、日本と同じ様に飢餓に陥ることを意味している。 アメリカ軍は地中海・インド洋・太平洋に進出しているので、米中戦争になればアメリカ軍は中国の海上交通路を簡単に遮断できる。アメリカ軍は地中海と太平洋で活動できるが中国軍は活動できない。この差は致命的だ。. See full list on spc. 第1章 中国における酒の歴史と文化 本章では、時代とともに変遷する中国の酒文化について、政治や風俗、文学との関わりを通じて 考えてみる。 中国における酒の起源にまつわる伝説の一つに儀狄酒造説がある。これによれば、儀狄が糯米か. 近代中国における外国文化の受容とジェンダー――20世紀初期から20年代における外国理論の翻訳と女性像の変化をめぐって: 年3月: 朴 銀姫: 越境文学のリゾーム性――朝鮮の日本語作家金史良をめぐって: 年3月: 南 鉄心.

6 白帝社 『日中関係の歴史と現在i』(依田憙家と共編). 」 過去数日間、第19期中国共産党中央委員会(CPCCC)第5回全体会議(5中全会)からの科学技術(S&T)に関する. 日本は明治時代から急速に近代化を成功させた。世界恐慌が1929年に始まると、日本は世界に先駆けて世界恐慌から抜け出した。日本の急速な近代化の原因は、農業を犠牲にした近代化だった。 確かに日本は世界恐慌から抜け出したが、欧米諸国はブロック経済を採用する。ブロック経済では食料輸入が困難になり、農業を犠牲にしたことで食料生産力が低下している日本は対応できなくなった。 この状況でも日本は農業の近代化をしなかった。このまま第二次世界大戦に突入すると、アメリカ軍は日本の弱点を突く。アメリカ軍は機雷と潜水艦で日本の海上交通路を遮断した。アメリカ軍の作戦名は「飢餓作戦」であり、実際に日本は飢餓に陥った。.

王 柯 /日本神户大学 《文化纵横》微信:whzh_21bcr. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 文化大革命の用語解説 中国の文化と近代化 - 中国において,1965年から約 10年間,毛沢東主導下で展開された政治・権力闘争。プロレタリア文化大革命,文革とも呼ばれる。1950年代の大躍進をめぐる路線の対立がその胎動期とされ,「絶対に階級と階級闘争を忘れてはなら. 王元化先生曾任上海海峡两岸学术文化交流促进会会长,学会曾挂靠于市社联。 上海图书馆新馆于1996年12月20日正式对外开放后,1997年2月,学会挂靠单位和办公地址改为上海图书馆。. 戦略の基本から中国の置かれた状況を説明したい。戦略の中身は目的・手段・方法であり、これらが成立しなければ使えない。 海洋戦略=目的(制海権の獲得)・手段(敵艦隊+敵基地ネットワークの破壊)・方法(艦隊と基地ネットワークの造成) 制海権=艦隊+基地ネットワークの継続利用 方法は自艦隊と基地ネットワークの造成。手段は敵艦隊撃破と敵基地ネットワークの破壊になる。自艦隊が敵艦隊を撃破することで目的である制海権を獲得する。これが基本的な考え方。これを中国から見た食料に置き換えてみる。 目的:食料の獲得 手段:中国の海外輸入と輸入ネットワーク 方法:自国の食糧生産 戦略から見れば、中国は土台の方法から破綻。手段は海上交通路をアメリカに抑えられているので戦略が破砕されている。さらに食害で陸路の輸入も手段として機能低下。つまり今の中国は、アメリカと戦争するだけで国民が飢餓に陥ることを意味している。. 王元化先生曾说,自己是“十九世纪之子”,因为十九 世纪中国的学人们立志打通中学西学,对整个世界的文化命运进行观照。 他的一生,也正是为了不负这一桩“文化托命”的使命而不懈努力着。. 中国は農業を犠牲にした近代化を撰んで食料生産を低下させた。中国は食料輸入で対応しているが、国内で食害が拡大したことで状況が悪化している。 中国はアフリカ豚コレラが全土に拡大。イノシシ・豚に感染する家畜伝染病だが人間には感染しない。だがイノシシ・豚の致死率は高い。悪いことにワクチンがないから対応は難しい。 アフリカ豚コレラはロシア・ベトナム・カンボジア・北朝鮮でも確認されているので、中国が隣接国から豚肉を輸入することは難しくなった。 さらにアフリカからツマジロクサヨトウが中国に侵入。中国は台湾を除けば22省だから、18省で確認されたので中国全土に拡大している。中国は食料生産力が低下しているのに、食害でさらに低下することを意味している。 これで中国はさらに海外からの食料輸入に依存する国になった。この状況でアメリカと戦争を行えば、アメリカ軍は必ず海上交通路を遮断する。これでは中国はアメリカと戦争できない。隣接国から食料輸入を求めても、アフリカ豚コレラとツマジロクサヨトウの被害で隣接国も食料が不足する可能性が高い。 中国は陸路も海路も食料輸入が難しい状況に追い込まれており、アメリカとの戦争は自殺行為になる。ロシアが中国に食料輸出するとしても、依存すればロシアに生命線を握られる。さらにロシアで食害が発生すれば輸出することもできない。. “三长”的深化与“心术”的提出:宋元时期史家修养论的发展与特征 王记录 学习与探索.

項羽,烏江で戦死。漢王劉邦帝位につき,長安を都とす(天下統一)。 前200 7: 高祖,匈奴を攻撃するが,平城で包囲される。 前196 11: 韓王信,梁王彭越,淮南王英布ら誅殺される: 前195 12: 趙佗を南越王に封じる。衛満,衛氏朝鮮を建国: 前187: 少帝恭1.

中国の文化と近代化 - 王元

email: etemo@gmail.com - phone:(154) 832-1314 x 1281

咆哮 - 出雲優生 - 鹿児島市立鹿児島玉龍中学校 フェミニナ教育研究所

-> 電波法令集(抄) 平成21年
-> 東大アメニティ木材学とウッドヒューマンリレーションズ - 酒井憲一

中国の文化と近代化 - 王元 - チャレンジミッケ ウォルター ウイック


Sitemap 1

薬用植物 - 薬事日報社 - ウィンドウズXP がガラリと変えるパソコンの買い方